Profile of Kzauo Shimizu
 
清水和夫プロフィール
 
清水 和夫

国際自動車ジャーナリスト日本自動車ジャーナリスト協会

日本科学技術ジャーナリスト会議

 

1954年生まれ東京出身 武蔵工業大学電子通信工学科卒業。

1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車 ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。

東海大学の講師として自動車技術の歴史を教える。2011年12月から日本自動車研究所客員研究員。ほかにも自動車やITSに関する多様な検討委員を務める。

自動車技術を正しく伝道することがライフワーク。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開。自動車国際産業論に精通する一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色の活動を続けている。

 

連載および寄稿先として『CAR GRAPHIC』(カーグラフィック)、『CARトップ』(交通タイムス社)、『GENROQ』(三栄書房)、 『モーターマガジン』(モーターマガジン社)、 『ホリデーオート』(モーターマガジン社)『LE VOLANT』(学研)、 などがある。著書はNKH出版より『クルマ安全学のすすめ』、『燃料電池とは何か』、『ITSの思想』など上梓。

 

 

Kazuo Shimizu

Automotive Jornalist

 

Kazuo Shimizu is a graduate of Musashi Institute of Technology, where he majored in Electronics and Communication Engineering. Since making his rally racing debut in 1972, and as the professional racing driver, he experienced Du Mans 24 Hours, Nurburgring 24 Hours and so on.

He has made his presence known in domestic and international endurance racing scenes while also building writing and speaking career in multiple media. His journalism focuses on driving and safety issues, and as a knowledgeable automotive journalist on green technology and autonomous driving that draw public attention, he has significant experience as TV commentator and symposium moderator. In addition, he counts consulting on the international auto manufacturing industry, driving school instructor. He is a jury member of the Japan Car of the Year.

© Start Your Engines.